準備から始めよう!相続税相談は税理士へ!

相続税は非常に複雑!

相続税という言葉を聞いたことのある方は多いかもしれませんが、その実態についてしっかりと理解できているという方は少ないのではないでしょうか。相続税とはその名の通り、遺産を受け継いだ際に相続財産の金額によって必要となってくる税金の事です。相続税に関しては税法改正がたびたび行われているのでその時のものを確認する必要がありますが基礎控除額を超える場合に必要になります。超えない場合には申告の必要もないのですが、その計算が非常に複雑で人によって異なるのです。

ほとんどの人に相続税は関係ない!?

平成27年に改正されたものでは法定相続人の人数にもよりますが、最低3600万円を超えないと相続税の申告の必要はありません。これは全体の1割程度とのことで、ほとんどの方には関係ないといえるかもしれません。しかし、現金などの場合であれば計算はしやすいですが、資産というのは現金だけでなく不動産もありますよね。この不動産の評価額などによって必要ないと思っていた方も必要になったりする可能性があり、素人では判断するのが難しいケースも少なくないのです。

プロの税理士に相談!

相続税に関しては事前にしっかりと相談しておくことが大切で、その場合は相続税を専門にやっているような税理士に依頼するのがベストでしょう。依頼する税理士によって相続税の額が変わるのは日常茶飯事で、やり手の税理士に相談、依頼することが相続税対策そのものになるのですよ。また、申告後に税務調査を受けてしまった場合でも税理士にお願いしてあればその対応に関してもしっかり行ってくれるので安心です。相続税対策に関心がある場合は、まず税理士に相談するのが大切です。

相続税相談をしたいなら弁護士事務所へ連絡し、訪れるのがいいでしょう。弁護士は些細な疑問でも専門的な知識でアドバイスをしてくれることが多いです。