知らないと損?!上手な火災保険に入ろう!

火災保険の基礎知識!

火災保険は賃貸を契約する時に加入する場合が多いですが、そもそもどんな内容なのかしっかりと把握できていないという方が多いです。火災保険とは爆発や風災、火災や落雷など建物や家財に被害を被った場合に補償されるものです。保険料の内容は建物の構造や所在地によってもかわってきます。また保険契約は一年のものからあり、10年20年など長期の契約も可能です。長期契約をすると掛け金も割安になるので持ち家に保険を掛ける場合は長期を視野に入れて保険会社を選びましょう。

もし火災が発生してしまったら!?

もしも自分の借りた部屋で火をだしてしまい、建物や部屋に損害を与えてしまった場合どのようなことがおこるのかご紹介します。火事になった原因が大きく重大な過失とされない場合はその建物の修復費用を大家さんに変わって建て替える必要はありません。しかし逆に言うともし隣人が火事をおこしたとしても重大な過失でなければその人への責任は問えないということにもなります。そんな万が一の時のために、契約の際に家財保険と借家人賠償責任保険に加入しておくと家財などに保険がかけられているので財産を守ることができるのです。

後悔しない火災保険の選び方!

火災保険の内容には様々な種類がありますが、契約のプランを組むときに気を付けなければならないことがあります。例えば風災や雹災は住んでいる地域のよっては必要のないものです。契約内容をきちんと確認しないまま契約してしまうと知らない間に保険料が高額になってしまうといことになりかねません。また保険会社を選ぶときもいくつかの会社に一括で見積もりをだし、自分たちのライフプランにあった保険内容をしっかりと選ぶことが大切です。

賃貸マンションの火災保険は、入居者側が自由に選択できます。ネットで加入すれば保険料が半額程度に下げられます。